【専門資格】 Fukushi Recreation Worker

福祉レクリエーション・ワーカー

対象者に適した「活動プランづくり」「活動のアレンジ」、1対1の場面での「コミュニケーション」などを通して、ひとり一人の生きがいづくりを支援することができる指導者です。

習得できる知識と技術

  • 継続して展開していく力
  • 個人の状況に合わせたレクリエーション支援プランを立てる力
  • レクリエーション支援プランを実行・評価する力
  • 個人の意欲を引き出すコミュニケーション力
  • 個人との1対1の関わりを、ひとり一人のふれあい、支え合いへと広げる力
  • レクリエーション支援プランの達成に向けて他職種と連携を図る力

活躍フィールド (こんな方におすすめ)

  • 介護福祉士、社会福祉士

  • ケアマネージャー

  • ホームヘルパー

  • 理学療法士、作業療法士

  • 福祉施設等のリーダー

  • 生活相談員

  • 保育士、幼稚園教諭

  • ボランティア監督者

受講申込から合格までの流れ

 

福祉レクリエーション・ワーカーは、最短1年程度で資格取得が可能です!
なお、福祉レクリエーション・ワーカーを取得するためには、原則として基礎資格を保有している方が対象となります。

  1. 養成コースの受講申込み

    受講申込書をダウンロードし、必要事項の記入、受講料納入の受領証や受取書等支払を証明する書類の写しを添付して下記までお送りください。なお、免除対象資格の履修者や資格保有者は、資格証の写し等も同封してください。

    受講申込書

    [送付先]〒110-0016 東京都台東区台東1-1-14 ANTEX24ビル7階
    公益財団法人日本レクリエーション協会 RW受講申込担当

    養成コースの申込は年間いつでも可能です。各月20日までの申込者を取りまとめ、翌月1日を開講日としてスタートできます。

    学習期間は、開講日から2年経過した後の3月末日になります。
    例)2021年6月15日申込→7月1日開講→2024年3月31日までが学習期間

    受講対象者は、原則として、レクリエーション・インストラクタースポーツ・レクリエーション指導者レクリエーション・コーディネーターを保有している方(資格申請時に満20歳以上)になります。

    基礎資格の受講を修了している方や受講中の方も、追加レポートを提出していただくことで受講が可能になりますので、ご興味のある方は日本レクエーション協会までお問い合わせください。

    受講料は、合計75,000円(税込)になります。(受講料には、テキスト代・通信費等が含まれています。)
    <内訳>
    通信教育受講料:50,000円/オンライン・スクーリング受講料:5,000円/福祉レク現場指導実習への参加費:20,000円

    介護福祉士、保育士、看護師等の資格をお持ちの方は、通信教育のレポートの一部が免除されるとともに、通信教育受講料が5,000円割引され、合計70,000円(税込)になります。

    保有資格によって、免除される科目数が異なります。

    准看護師やホームヘルパー2級は免除対象外です。

    福祉系の大学、短期大学、専門学校を卒業した方は、取得した学習単位に応じて免除される科目が異なります。受講申込時に単位履修を証明する書類(成績証明書等)を添付してください。

    受講料の振り込みについて

    受講料は次のいずれかの方法で納入してください。受講料の納入は、全額一括で前納とさせていただき、一旦納入された費用は返還いたしません。

    【郵便振替での納入】
    全国どこの郵便局からでも納入できます。※備え付けの振替用紙をお使い下さい。
    通信欄に「福祉レク・ワーカー受講料として」と明記して下さい。
    振替先 
    <口座番号> 00120-2-762834
    <口座名義> 公益財団法人 日本レクリエーション協会

    【銀行からの納入】
    ◎振込先①
    銀行支店:みずほ銀行 九段支店
    口座番号:普通預金 2248706
    口座名義:公益財団法人 日本レクリエーション協会

    ◎振込先② 
    銀行支店:ゆうちょ銀行 〇一九 ( ゼロイチキュウ)店
    口座番号:当座 0762834
    口座名義:公益財団法人 日本レクリエーション協会

  2. 養成コースの受講

    福祉レクリエーション・ワーカーの学習は、通信教育(レポート課題12回)とオンライン・スクーリング(1日2回)、福祉レク現場指導実習(5回)で構成されており、学習期間内にすべて受講する必要があります。

    当協会が認定した大学・短大、専門学校に通う学生は、所定の科目を履修することで資格取得要件を満たせます。

    レポート課題の内容
    1. 社会福祉特論
    2. 社会福祉援助技術論
    3. 社会福祉概論
    4. 健康科学論
    5. 福祉・医療に関する援助技術演習Ⅰ
    6. 福祉・医療に関する援助技術演習Ⅱ
    7. 福祉レクリエーション支援の理解、支援の実際
    8. 福祉レクリエーション支援の方法と理論的背景
    9. 福祉レクリエーション支援の総合計画、レクリエーション・サービスの活用
    10. 集団を介した個人支援のためのプログラム計画、支援の評価
    11. 信頼関係構築のためのコミュニケーションスキルと介入技術Ⅰ
    12. 介入技術Ⅱ、Ⅲとレクリエーション活動の選択とアレンジ
    オンライン・スクーリングの内容(1月実施予定)
    学習内容
    ケアプランなどに沿ったレク支援の計画方法
    レク活動を分析し対象者に合わせてアレンジする方法
    レク支援を評価し、改善する方法 など
    福祉レク現場指導実習先(予定)一覧
    1 山形県山形市 グループホーム ソーレホーム西田
    2 宮城県仙台市 萩の風デイサービスセンター
    3 茨城県取手市 NPO法人PLSスマイルクラブ「ほほえみ」
    4 東京都世田谷区 介護老人保健施設玉川すばる
    5 神奈川県横須賀市 通所介護福祉サービスセンター
    6 神奈川県中郡二宮 特別養護老人ホーム 二宮喜楽園
    7 静岡県浜松市 介護老人保健施設 花平ケアセンター
    8 静岡県静岡市 デイサービスゆひもや
    9 福井県坂井市 デイサービスセンターカルミア春江
    10 大阪府大阪市 ミード宮原デイサービス
    11 兵庫県美方郡香美町 香住ふれ愛介護センター通所介護事業所「ほほえみ」
    12 広島県福山市 のどか小規模多機能ホーム南蔵王
    13 愛媛県松山市 松山特別養護老人ホーム
    14 愛媛県松山市 デイホームふゅうちゃあ
    15 宮崎県宮崎市 デイサービス ひばり
    16 鹿児島県鹿児島市 デイサービスセンターまごころ
    17 沖縄県糸満市 沖縄県糸満市社会福祉協議会

    ※ コロナウィルス感染拡大状況により、実習ができない場合があります。

    福祉レク現場指導実習 5日間(1回7時間程度 計35時間)
    ※現場での実習を行います。
    学習内容
    施設で行われる1日のスケジュールに合わせて実習をします。
    5日間のうち、2日間を個別レク支援学習中心、2日間を集団レク支援学習を中心に学習をします。
    〇個別レク支援学習
    言語および非言語によるコミュニケーションの技術を含めた、1対1のレクリエーション支援を学習します。
    〇集団レク支援学習
    レクリエーション活動や言葉がけなどにより、対象や目的に合わせて行う集団レクリエーション支援を学習します。
  3. 資格認定審査

    筆記試験および実技試験を行い、合否判定を行います。

    2021年度の資格認定審査会の詳しい日程については、試験日の3ヶ月前に日本レクリエーション協会HPにて公示します。

  4. 資格の認定・登録申請

    合格した方へ当協会の登録センターより、登録料の請求書を発行いたします。

  5. 資格の認定・登録

    おめでとうございます!
    これであなたも「福祉レクリエーション・ワーカー」です。
    教育や福祉、スポーツ、地域づくりなどあなたが活躍できる場面はたくさんあります。

レクリエーション活動を活かした「笑顔づくり」を始めてみませんか?

受講生の声

レクリエーションの技術をスキルアップするために生まれたグループ
さくらドリーム

福祉レクリエーション・ワーカーの学習を一緒に受講したことが縁で、グループを結成したさくらドリームの活動レポートをご紹介します。

詳しくはこちら

学習内容

福祉レクリエーション・ワーカーの学習内容の特徴をご紹介します。

①利用者、家族との信頼関係を築く「コミュニケーションワーク」

相手と向き合い、気持ちを受け止め、信頼関係を築くことができるホスピタリティトレーニング、利用者の心と体をほぐし、安心感や一体感を生み出す雰囲気づくりの方法を学びます!

②楽しさや生きがいづくりを実現させる毎日の「レクリエーション計画、運営方法の学習」

利用者のニーズや想いを見つけ出すことができるアセスメントの方法や、アセスメントをもとに利用者の楽しさや生きがいづくりを支援できる計画、運営方法を学びます!

③利用者にあったレクリエーション活動を提供できる「アレンジ技術」

利用者にあったプログラムを支援するために大切な利用者の理解、状況にあわせてプログラムを創作、工夫できる アレンジ技術を学びます!

④「生活を彩る行事、イベントの企画、運営方法」

社会資源を活用し、誰もが楽しめる行事やイベントの企画、運営方法、誰もが安心、安全に楽しめるような安全管理について学びます!

学習カリキュラム

テキスト

なぜこの人にこの支援を行うのか、福祉レク支援の根拠となる理論や支援の考え方を、イラストや現場の事例を豊富に活用して解説。
明確な理由と目的をもって支援を行い、説明責任を果たせる福祉レクリエーション・ワーカーの必読書です。

①楽しさの追求を支える理論と支援の方法         購入はこちら
②楽しさの追求を支えるサービスの企画と実施  購入はこちら
③楽しさの追求を支えるための介入技術             購入はこちら

費用

  • 養成コースの受講料は、75,000円(税込)になります。受講料には、テキスト代金・通信費等が含まれています。(内訳:通信教育受講料45,000円、オンライン・スクーリング受講料5,000円、福祉レク現場指導実習参加費20,000円)
  • 介護福祉士、保育士、看護師等の資格をお持ちの方は、レポートの一部が免除されるとともに、通信教育受講料が5,000円割引され、70,000円(税込)になります。

免除資格一覧はこちら

  • 福祉レクリエーション・ワーカー資格の登録料は、26,000円(税別)です。
  • 資格の有効期限は、合格年月日から2年経過後の6月末日までであり、2年ごとに登録更新料として16,000円(税別)をお支払いいただきます。
  • 複数資格をお持ちの方など、登録料についての詳細はこちらをご覧ください。