「持つ資格」から「活かす資格」へ

公認指導者とは、日本レクリエーション協会が定めた学習課程を修了し、資格を取得した指導者で身につけた知識や技術を活用しながら、さまざまな分野で支援を行うことができる人材です。現在、全国でおよそ6万人の公認指導者が、幅広い対象に、多様なライフステージに応じた支援を行っています。専門家としての関わり方も多様です。地域や自主サークルなどでボランティアとして活躍する方。幼児保育や学校教育、高齢者福祉などの分野で、専門職として活動されている方も多数います。
公認指導者は、「こころの元気づくり」を進める専門家です。